都議選についての殴り書き2017-07-03

 小池都知事が、極右で、都の住民のために行政を行うことなんか眼中になくて、安倍政権以上に民主主義を破壊する意思を持っていて、それを安倍政権以上に巧みに熱狂を起こして実行する政治家であることは、都知事としての行動に十全に示されていたから、選挙の結果には残念な気持ちしかないし、選挙後に都民ファーストの会代表に極右の男が何ら民主的手続きも踏まずに就任したことにも驚かない。小池都知事は、権力さえ握ったら民主的に進めるつもりはないことを、これまでも態度で示し続けているんだから。
「自民ザマアミロ」とは思うけど、熱狂でまた投票が行われた以上、小泉首相のころからずっと続いている、政策でなくて熱狂という、有権者の姿勢が民主主義を骨抜きにする過程はまた一段階進んだと認めざるを得ない。自民党の魔の2期目議員とか言っているけど、熱狂に煽られ、その党の名前さえついていればトップ当選するような状況で当選した議員たちの中には、そんなのが大量に混ざっているわけで、今回も同じだと思うべき。なぜなら、追い風であるという理由だけで立候補する政党を選ぶという候補者の態度は、有権者を舐めているわけで、それを当選させるのならば、有権者自らが舐めてくださいと言っているようなものなのだから。いい加減、学ばないのかな。
 自民が負けたのは、傲慢さが怒りを買ったこととスキャンダルまみれになったからで、極右の姿勢が嫌われたからでは、必ずしもない。都民ファーストに投票した人たちは、極右だから支持したわけではないないだろうけれど、これから都民ファーストが「改革」などと称しながら極右ぶり強権志向をむき出してにしても、スキャンダルにまみれない限り、支持率はあまり変わらないだろう。
 現実を見ないと、次に待っているのはさらなる悪化。サッカーや将棋同様、三つも四つも先の未来を考えて今を判断しないと、希望は単なるガス抜きにしかならない。それは「希望依存症」という、現実逃避でしかない。

宇良には、あらゆる観客をスー女にする才能がある2017-07-18

 白鵬が千代の富士の通算勝ち星1045勝に並ぶという大記録の達成を、宇良が「裏返した」(前日、白鵬は、宇良をすくい投げで破り1044勝目を上げた時に、「宇良を裏返したね」と言った)。
 宇良は連日の横綱戦で、名古屋場所9日目は日馬富士戦。もちろん初顔である。前日の白鵬戦で、横綱の圧倒的強さを感じたばかりで、少しでも自分の相撲が取れれば、と思うのが精一杯だっただろう。
 ところが、横綱のお株を奪うような低くてうまい立ち合いで、日馬富士の右腕を手繰ると、日馬富士がついていけないほどの素晴らしいはしっこさで体を開き、とったりで横綱を土俵外に振り回して出した。その瞬間こそ、気合の入った表情をしていたが、土俵を降りると、いつものキョトンとして小動物のような顔に戻る。
 そして、語り草となるだろう、殊勲インタビュー。小さな声でおどおどと答えるうち、唇がわななき始め、ついには素で泣き出してしまった。
 あの瞬間、「宇良、可愛い!♡」と思わないで入られた人は、どのぐらいいただろうか。大スター誕生の瞬間を目撃してしまった。解説の北の富士さんも「ダメだよ、泣かしちゃ。こっちまでおかしくなるじゃん」と言い、大相撲の将来を担う若きエースアナウンサー、佐藤アナも「私たちも涙腺が緩むような感じになりました」と打ち明ける事態に。宇良は、年齢ジェンダーかかわらず、観衆の誰もかもを「スー女」に変えて、スー女的相撲の楽しみ方をさせてしまうのだ。
 相撲好きの間では、幕下のころから面白い相撲を取る異能力士として期待が高く、番付を上げるにつれ、人気もぐんぐん上昇していった。体の小ささを補う、レスリングで培った特異な低い姿勢の立ち合い、後ろに270度くらいのけぞっても倒れずにまた元に戻れる体の柔らかさ、しなやかさ、背中側に回った相手に技をかける技能。唯一無二の力士である。
 けれど宇良の魅力は、それだけではなかった。鶴竜の後を継ぐような、動物的愛嬌に満ち満ちているのである。
 私が宇良に萌えたのは、十両に上がったばかりのころ。ピンク色をこよなく愛する宇良は、後援会からピンク色のマワシを作ってもらった。そのマワシが届いた日を、NHKの取材が捉えていた。付け人たちが大きく広げて伸ばしたピンクのマワシを前に、嬉しくなった宇良は、なんと両手を大きく広げて、マワシの上を転がるように、くるくると回って舞ったのである。鼻歌も歌っていたかもしれない。それはおどけて見せたというより、素で喜びのあまり踊ってしまった、という感じだった。可愛すぎた。
 以来、宇良の相撲とともに、宇良の仕草が楽しみになっている。高見盛みたいな魅力といってもいいかもしれない。
 今場所、やはり萌えたのは、6日目、一度も勝てない宿敵、貴景勝との一番。宇良は大学時代、貴景勝がまだ中学生の佐藤だったころから対戦したことがあり、そのときから大相撲に入って幕内に至るまで、貴景勝には勝てていないのだという。宇良とほぼ同時に十両に上がって出世していった佐藤は、明らかに宇良を強烈にライバル視していた。宇良だけには絶対負けないという、強い敵愾心を隠さなかった。そこには、おまえのほうが注目されてるけど、実力では俺のほうが上だ、おまえなんて相手にもしない、という傲慢なまでの自負がのぞいていた。
 その貴景勝に宇良は、今場所、初めて勝ったのである。立ち合い右に変わって腕をたぐって引き落とし。そのとき宇良は、さらに右上手を取ろうとしたのだが、もう貴景勝は落ちており、熱いものに触って手を引っ込めるように、慌てて両腕を上げた。嬉しそうな顔とともに。サッカーで、審判にファウルしていないことをアピールするような姿勢だ。
 いちいちこういう仕草に愛嬌が詰まっている。そしてそれが炸裂したのが、日馬富士から金星を挙げた後のインタビューだったというわけだ。
 幕内に上がったばかりの宇良は、まだ前に出る力が弱く、立ち合いでも相手を押し込めないどころか、しばしば相手の圧力に後退したり落ちたりした。ほとんど先手を取ることができなかった。
 そのころ宇良は、自分は変わった決まり手を狙っているわけではなく、本当は強い立ち合いから相手を一気に押し込んでいく相撲を取りたいし、そういう稽古をしている、というようなことを言っていた。
 それが実ってきたのが先場所だ。それで11番勝ったが、技能賞も敢闘賞ももらえなかった。
 けれど、今場所は先場所以上に、目に見えて前への圧力が増している。初日の相撲でそれを感じた。立ち合いもがっちり相手を止められるから、自分の得意な間合いで相撲を取れる。相手が宇良の姿勢を嫌がっているうちに、土俵際に追い詰める出足もついた。体重もだいぶ増えたという。宇良が地道に取り組んできたことが、実を結び始めているのだ。だから苦手な貴景勝にも勝ったし、金星も上げることができたのだ。
 宇良のこの控えめで自己顕示欲の薄い性格は、じつは北勝富士と共通するところがあると私は思っている。でも宇良は可愛いので、人気は爆発する。北勝富士も本当は可愛いよ。
 そんでもって今日10日目の高安戦もいい一番だったね。ああ、見てよかった、という充実感がある。ちびっこ大相撲に本物の大関が来た!みたいな対戦だった。あのぶつかりげいこみたいな、下がっての突進とか、終わってから引き上げる時の、花道で息荒くフーフー言いながら、道を間違えるところとか、宇良は全部が宇良。

白鵬の通算勝ち星新記録達成と日本国籍取得の意向について2017-07-22

 通算勝ち星1048勝という偉大な記録の価値と重みは、優勝回数以上に、本人にしかわからない。最も密接に、日常の稽古と結びついた記録だから。
 初土俵から97場所。1048を単純に97で割ると、10.8。毎場所、10勝以上あげてきた計算になる。幕下までは7番相撲だから、関取での勝率は11勝以上になるだろう。毎場所平均11勝している力士と思うと、そのすごさに震えが来る。大関昇進の目安が3場所で33勝だから、白鵬は毎場所、大関になれるんだよ!
 白鵬はこの記録を達成する朝、「この時代の相撲ファンで良かったと思ってもらえる1日にしたい」とメディアに語っている。この時代の相撲ファンで本当に良かったです!! 私はわずか3年の白鵬ファンだけど、貴乃花ファンだけで終わらなくて良かった。あのころのような関わり方はできないけれど、今はあのころにはできなかった相撲との関わり方ができていている。
 NHKが粋な計らいだったのは、藤井康生アナウンサーをこの日のテレビの実況担当にしたことだ。藤井アナはすでにNHKで定年を迎えているが、何しろ相撲アナウンサー界の歴史において、白鵬クラスの名横綱と言ってよい存在なのだ。その相撲界への無尽の貢献、白鵬を入門時から見てきた伴奏者として、この日を実況するのに藤井さんほどふさわしい方はいない。
 じつは魁皇の1047勝に並ぶかもしれなかった11日目にも、藤井さんは実況を担当した。けれど白鵬は御嶽海に負けてしまったので、1日置いてまた13日目の単独トップの記録となる日に、再び実況を担当したのである。3日で2回とは異例だが、何としても藤井さんにこの記録の日を捧げたかったのだろう。「ただ独りの頂」、忘れません。
 しかも、解説は北の富士さんという、黄金コンビ。あと何回これが聞けるのかと思うと、感傷的になるほど、深いところで気心の通じたこの二人の掛け合いは、私の相撲心に染み入る。向正面の舞の海さんというのも定番だが、藤井さんは、白鵬の大記録に水を差しかねない不快な発言をするであろう舞の海さんを見事にコントロールして、被害を最小限に食い止めた。この手綱さばきも、相変わらず見事だった。
 御嶽海戦では、これまで見たことのないほど緊張で動きのおかしな白鵬が、無駄のある動き(外掛け)で負けた。この記録がどれほどの重みなのか、あの時に私はほんの少し感じることができた。
 いわゆる横綱相撲で記録を達成しようとして失敗して、白鵬はそんな体面をかなぐり捨てたのかもしれない。翌12日目の玉鷲戦は、なりふり構わず気迫をむき出しにした。肘でのかち上げ、張り手。玉鷲を面食らわせて隙を作らせるために何でもした。
 13日目の高安戦も同じだった。右に少しずれて立って高安のかち上げをかわすと、高安に攻める隙を与えずに、強烈な右おっつけと左ノド輪で押していく。高安が本来取るような相撲を、高安にしかける。高安のほうが緊張したのか、白鵬の迫力に気圧されたのか、館内の雰囲気に呑まれたのか、動きが固かった。何をしていいのかわからないかのようだった。一瞬見合う場面があったが、ここでも先に動いたのは白鵬。右のおっつけ一本で高安の体がめくり上がり、突き落とされた。高安は、白鵬の「気」で転がされたようなものだ。
 横綱のこの迫力は、そう滅多に見られるものではない。それがこの2日間、炸裂した。道なき岸壁に道をつけてただ独り進んでいくというのは、そういうことだ。岩を吹き飛ばして道を作るためは、白鵬とてもあらゆるエネルギーを総動員せねばならないのだ。本当にすごいものを見た。
 14日目の解説で、元旭富士の伊勢ケ浜親方が、若い時は強引に右の差し手をねじ込んで勝てたが、弱点でもあった、それだけで勝てない今は、その強みに加えて、相手の相撲に合わせてものすごく考え抜き研究し尽くした手で臨んで来るから、隙がない。前より強くなっていると言える、と指摘していた。
 まさに! 私も貴乃花の相撲に心酔していた身としては、横綱相撲へのこだわりはあった。けれど、最近の白鵬を見ていて、白鵬は「横綱相撲」のその先へ行っているのかもしれないと思うようになった。横綱としての在位はあと3場所で北の湖の記録を抜く。それだけの長い期間横綱をほとんど休まずに勤めている力士は、歴史上、誰もいないのだ。横綱として、未知の領域を行く白鵬の相撲は、これまでの通念では測れない。私が最近思う横綱の真髄は、「負けないことの圧倒的な強さ」だ。

 その白鵬が、引退後に相撲協会に残って親方となるために、日本国籍取得を考えていることが、報道された。モンゴル国籍からの離脱は難しいとずっと口にし、相撲協会の国籍条項の見直しを暗に求めてきた白鵬が、このタイミングでその意向を解禁したことに、私はショックを受けてしまった。国籍の件で蓮舫が攻撃され、蓮舫がそれに屈して戸籍の情報を一部開示するかのような真似をしたことがあっただけに、このタイミングはつらすぎる。白鵬がそんな決断をしなければならない相撲協会のあり方と、社会の常識に、心の底から失望した。少し前に「大角力共和国杯」という短篇小説で、国籍条項が撤廃され世界競技化した大相撲を描いた身としては、忸怩たる思いだ。
 なぜメディアは誰もこの差別性を問題視しないのだろう、と苛立っていたら、今日7月22日付の東京中日新聞の特報面で、この問題を真正面から取り上げていた。さすが、東京中日新聞!
 その中で、このような指摘がある。
「スポーツ関係の法律に詳しい小倉秀夫弁護士は、相撲協会の規定は「労働者の国籍、信条又は社会的身分を理由として、賃金、労働時間その他の労働条件について、差別的取り扱いをしてはならない」と定めた労働基準法第三条に抵触する可能性があると指摘する。」
「伝統が、差別的取扱いをしていいという理由にはならない。相撲協会だけ特別扱いをするという理由は何もない。何の合理性があって続けているのか」
 また、中島隆信慶應大学教授は、「究極的には国民がこの制度をどう考えるか、ということ。公益財団法人に移行した相撲協会は、国民と常に対話を続ける必要がある」と言う。
 でも私が感じるのは、今の大相撲ブームに乗って、相撲協会はその閉鎖性、利権意識を改める気持ちなど、つゆほどもないということ。さもなければ、国技館内で「モンゴルに帰れ」という差別ヤジが飛んだことを放置したりはしないはずだ。
 今の相撲協会は、白鵬が協会員となって乗り込んでくることを恐れているかもしれない。白鵬が親方となって、やがて相撲協会の幹部となれば、その卓越したリーダーシップと人望とで、相撲協会や相撲界のこの閉鎖性、差別性を変えてくれるだろう。友綱親方も鳴戸親方も錦島親方もいるし、これから外国人の親方はもっと増えるだろうし、こんな不快で時代錯誤きわまりない差別的な国籍条項など、撤廃してくれるだろう。

相撲ルーツの旅2017-07-24

 白鵬の優勝インタビューで興奮したのが、初代若乃花の二子山親方が1992年にNHKの番組でモンゴルを訪れた際、まだ6歳だった白鵬と出会っていたという事実である。白鵬は次のように語っている。
「この(60年前に始まった名古屋場所最初の優勝力士である)若乃花さんと私、じつは縁がありまして、ちょうど今から26年前に、相撲の世界の、相撲のルーツってことで、モンゴルを訪ねたんですね。私の父と対談しまして、そのころ私6歳で、若乃花関からお菓子をいただいたんです。それがなんと、うまい棒だったっていう。この記念すべく名古屋で大記録を達成して、縁を感じております。」
 驚いた。私はまさにこの非常に印象的だった番組を見てモンゴル相撲を知り、強烈なインパクトを植えつけられたのである。初めてのモンゴル人力士、旭鷲山と旭天鵬が旧大島部屋に入門したのはその前年の1991年だから、相撲界ではモンゴル始め、海外に目が向いていた時期だったのだろう。実際、1980年代から90年代は、大相撲の海外公演・海外巡業が盛んだった。理事長の栃若時代、つまり春日野理事長と二子山理事長の時代は、大相撲の門戸を海外に開き、また海外に普及させようという意識が強くあった。海外を席巻する日本経済と軌を一にしていたとも言えるが。
 二子山親方のこの旅は、相撲のルーツを探る旅として、韓国やモンゴルなどの東アジアを始め、トルコ、エジプト、セネガル、スイスと、まさに世界中を回っている。NHKスペシャル『土俵の鬼の旅路・二子山勝治が見た世界の相撲』というタイトルで、1992年11月8日に放送されている。番組を手がけた石田雄太氏が、『二子山勝治・相撲ルーツの旅』という本にもまとめている。けれど、白鵬がこのエピソードを語った時、実況の三瓶アナウンサーも解説の北の富士さんも、この番組のことも二子山親方の旅のことも知らないようだった。
 もっとも、本によると、この年のモンゴル相撲「ナーダム」(年一回だけ行われる)には、白鵬のお父さんである横綱ジグジドゥ・ムンフバトは、腰痛のため欠場している。
 呆れたことに、ネット上では、白鵬が「モンゴルが日本の国技である相撲のルーツだとぬかしている」などと、暴言が飛び交った。しかし、二子山親方は、1500年の伝統がある日本の相撲のルーツは、2500年の歴史があるモンゴルや中国東北部あたりだと思い、源流を見たいと熱望して、理事長を辞めた後でこの旅に臨んだのだ。なぜなら、その地域から相撲が日本に入ってきたであろうことは、多くの歴史家が指摘していることであり、それを裏付ける壁画等も存在しているから。宮本徳蔵『力士漂泊』もその資料の一つである。
 ネット右翼の、都合よく捏造された架空の言い分を事実と信じたがる性質にはもはやつける薬はないが、今ブームに乗って相撲を見ている、特にネトウヨでもない人たちが、実は似たような「国技」観を漠然と持ちながら、日本人第一の応援に乗っかっていることは見過ごせない。相撲は日本だけのものではない。東アジアに共通する歴史を持ち、それぞれの地域で独自の色を持つようになっただけである。
 白鵬は、サンデースポーツのインタビューで、「相撲道への探究心に衰えは感じられませんが、それは相撲を楽しんでいるということですか」との質問に、こう答えてもいる。
「いや、自分は「楽しい」って言葉はあんまり好きじゃないんですよ。こんなにつらいことを、こんなに体いじめて追い込んでやることは……。たぶん、伝統文化、神事というより、今の大相撲はスポーツになってると思うんですよ。もうアスリートなんですよ、みんな。だから結果は残さなきゃいけないし、そういった意味で、勝たなきゃいけないっていう立場にあれば、楽しいことはありません。もう必死です。」
 近代化以降、特に戦後は、相撲はスポーツの要素を強めていった。だから記録も重視されるし、勝負に本気さを求められもする。何より、「勝て、勝て、日本人」の大声援が、まるでオリンピック等の国際スポーツの応援のようではないか。伝統芸能の「国技」ではなく、国際的なスポーツだから、勝つことに異様なまでの要求があるわけだろう。そのことを白鵬が誰よりもよく感知し理解しているのは、まさにチャンピオンだからだ。