稀勢の優勝2017-03-26

 左からの攻めを封じて右のみで相撲を取って、稀勢の里が優勝した。しかも、本割、決定戦と照ノ富士に連勝して。そのこと自体はすごいことだし、価値ある優勝だと思う。今場所の優勝の価値が下がってしまいそうになっていたけれど、それを取り戻しての優勝だし、怪我する前の12日間、優勝に値する横綱相撲を取り続けてきたのだから、文句なしである。ただし、本割での突き落としの際、稀勢の里は照ノ富士のマゲを思いきり掴んで引きずり落としている。本来なら反則負けを取られてもおかしくないが、昨日の照ノ富士の卑怯な勝ちがこれで相殺されたということで、見なかったことにする。
 ただ、もうこんなことは起こらないでほしい。怪我を押して、力士生命を失うことを賭けての優勝が称揚されることは、少しも喜ばしくない。稀勢の里の怪我が致命傷でなくて、また元通りの相撲が取れるようになることを祈るのみだ。
 照ノ富士も、あんな無理な相撲を取り続けた結果、また膝の傷を悪化させた。今日の相撲では、膝が負荷に対してまったく耐えられなかった。こんな相撲を繰り返していたら、一時的に復活しても、すぐに力士生命の終わりが来る。負担を減らす相撲を覚える努力をしてほしい。怪我人決戦はもう見たくない。

コメント

トラックバック