無意識のモンゴル人力士叩き2017-03-26

 大阪場所はダイジェストで見ており、生中継での館内の様子はあまりきちんと見ているわけではないので、これはあくまで印象に過ぎないのだが、気になるので書いておく。
 14日目、ご当地場所である兵庫県出身の実力者、妙義龍は、7敗ともう後がない。14枚目だから、負け越せば十両に陥落する可能性も出てくる。対戦相手は、このところ力をつけて来た千代翔馬。勝負はあっけなく決まった。立ち合いから千代翔馬に突き落とし気味のいなしを食らったら、自分からバランスを崩すようにして土俵に崩れ落ちた。傷めている膝が堪えられないのだろう。
 異様だったのは、この時の館内だ。妙義龍の呆気ない敗戦と負け越し決定にがっかりし、ため息をつくのはわかる。だが、館内はシーンと静まり返ったまま、千代翔馬が勝ち名乗りを受けても拍手もないというのは、おかしくないか。
 千代翔馬は普通に相撲を取っただけで、非難されるような卑怯な手を使ったわけでもない。どちかというと、妙義龍の自滅気味の敗戦だった。にもかかわらず、千代翔馬を無視している。
 こんな館内の空気は私はほとんど味わったことはない。勝ち力士に拍手するのは、プロ力士への礼儀だ。誰も千代翔馬を応援していないだけでなく、ご当地力士を負け越しに追い込んだ相手を無視する。こんなことは大相撲では起こらなかった。
 13日目の横綱対決では、日馬富士が会心中の会心の相撲で稀勢の里を秒殺。しかし稀勢の里が肩に大きな怪我を負ったがために、ネット上では日馬富士を罵りバッシングする言葉があふれた。これにはさすがに稀勢の里ファンが怒っていた。
 14日目、照ノ富士対琴奨菊という、優勝を占う一番。琴奨菊はこれに負けると大関復帰が絶たれる。稀勢の里が怪我をした今、照ノ富士はこの一番に勝つと限りなく優勝に近づく。そんな大一番で、照ノ富士はなんと立ち合いに変化するという、期待を裏切る相撲で勝った。私もがっかりしたし、頭に来た。大阪体育館に足を運んだお客さんはなおさらだろう。ブーイングが飛んでも仕方はない。
 しかし、問題はその後、次の取り組みの日馬富士と玉鷲が土俵に上がっても、まだ罵声を放ち続けている人が大勢いたことだ。経験豊かな日馬富士が「あんなブーイングは初めて」「聞いたこともない、すごい言葉で言ってきた」と驚くほどのえげつない罵声が飛び交った。そして、日馬富士は集中を乱され、負けてしまう。「相撲を取るどころじゃなかった。集中してるけど耳に入ってしまう。次の一番に集中してる人のことも考えてほしい。大けがにもつながるから」(日刊スポーツ)と述べざるをえない事態だった。
 照ノ富士の相撲は批判されて然るべきものだが、館内で起きたことは、それをはるかに超えるものだった。私は、相撲観戦の名を借りた憂さ晴らしであり、相撲を成り立たなくさせうる「荒らし」みたいな行為だと思う。
 妙義龍と千代翔馬、稀勢の里と日馬富士、琴奨菊と照ノ富士、いずれもモンゴル人力士が、相撲観戦のマナーを踏みこえる形で観客から敵意をぶつけられている。おそらく、対戦相手がモンゴル勢でなければ、ここまで行き過ぎた事態にはならないだろう。モンゴル勢なら不満をいくらでもぶつけていい、鬱憤を晴らす相手にしてよい、そんな無意識が働いていないだろうか。それを排外的な差別感情の発露ではないと言えるだろうか。そのような観戦の仕方をしている人に聞けば、モンゴル力士を差別してなどいない、と言うだろう。けれど、差別とは無意識に出てくるものなのだ。
 醜い、「日本出身力士ファースト」の意識が、この差別を育てている。土俵上で起こることは、この社会でも起こる。先場所で、もう引き返せる地点は過ぎてしまった。

 それと14日目の、豪風対蒼国来戦の判定について。蒼国来は豪風のいなしに泳いだが、土俵際ギリギリで残り、向き直って両者また攻防を始めたところで、東方の田子ノ浦審判が手を挙げ、蒼国来の足が出ていたとして勝負を終わらせた。だが、ビデオで見返すかぎり、蒼国来の足は出ていない。蛇の目の砂に、足の跡はまったくついていない。蒼国来が足の指は土俵の外についていないと強く主張してるのを見ても、誤審の可能性が高いと思う。豪風も同意しているという話も聞く。
 この疑わしい判定がさして問題にもならずにスルーされたのは、田子ノ浦親方が稀勢の里の師匠だからではないか。稀勢が出場すべきかどうかについて、正直なところ、田子ノ浦親方は状況をコントロールできていない印象を受ける。稀勢は出場を、自分だけで決めて、貫いている。もちろん、力士がどうしても出るといえば親方にも止めようはないが、それ以前に相談さえされているかどうか。そのような状況にあって、田子ノ浦親方が誤審をしたとなると、批判が田子ノ浦親方に集中しかねない。それで、NHKも本当はいくつもの角度の映像から検証できるはずなのに、そうはせず、田子ノ浦親方が足が出ているというのだから出ているということでしょう、で終わらせて、この問題を封じてしまった。私にはそのように映った。
 攻防のあるとてもいい相撲だったのに、こんな判定はあんまりである。いい加減にしろと言いたい。

コメント

トラックバック