館内の「コール」について2016-11-25

 九州場所13日目、優勝争いも大詰めを迎えている。
 まず、稀勢の里から。今年に入ってにわかに稀勢の里キラーになっている栃ノ心が、会心の相撲で稀勢の里を倒した。私が思うに、横綱を三タテにした相撲は確かに強かったが、立ち合いから自分のペースだったかというと、すべての取り組みで押し込まれていた。相手をよく見ているという見方もあるが、前半の無気力相撲の延長で、決していい立ち合いをできていないとも言える。それでも勝ったのは、白鵬に負け寸前から逆転したことで、にわかに闘争心に火がついたせいだろう。白鵬戦以降、稀勢の里はいつもと違い、立ち合い前に目を細めて相手にガンを飛ばしている。つまり、喧嘩上等の気分で臨んでいたのであろう。綱取りの間は、自分に集中しよう平静であろうと努めていて、こういう目はしていなかった。その結果、鶴竜戦、日馬富士戦と、自分の武器である強烈な左差し一本で相手を吹き飛ばした。
 しかし、格下の栃ノ心にも喧嘩上等で臨んでしまった。今日も栃ノ心を目を細めて睨みつけていた。それが、相手の攻めに「意固地になって」(伊勢ケ浜親方)右ノド輪で攻め返し、自分の武器である左からの攻撃を忘れるという愚を犯す原因となった。左から攻めれば、栃ノ心には負けない。でも、やられたらやり返すということで頭がいっぱいになり、栃ノ心のペースにはまってしまった。芽生えつつある苦手意識も、足を引っ張っただろう。逆に栃ノ心は、うまく取れば勝てるという自信を持って臨んでいただろう。この取り組みも、凄まじく集中した栃ノ心のほうがいい立ち合いをし、稀勢は押し込まれた。まだチャンスが潰えたわけではないが、前半で無気力相撲を取って早々に優勝争いから脱落した力士が、そうあっさりと優勝できはしない。
 ところで、今場所は、いわゆる「コール」(手拍子とともに力士の名を三拍子で呼ぶ声援)が、地元九州出身の力士と綱取りの豪栄道に集中し、稀勢の里に対してはほとんど起こっていなかった。先場所まではあんなに稀勢コールばかりだったのに、綱取りがなくなるとこの扱いか、現金なものだ今の観客は、と私でさえ稀勢に同情したくなるほどだった。ところが、白鵬戦になると、途端に前日とは段違いのコールが起こる。そして横綱を破るごとにそのコールは大きくなっていく。
 大変感じが悪い。百歩譲って、にわかに優勝の目が出てきた強い力士を応援したくなるのは当然ではないか、と言うのなら、今場所は、素晴らしい内容で圧倒的に強く安定している横綱・鶴竜にもっと声援が飛んでいいはずである。初日から13日目まで、ずっとトップを走って優勝争いを引っ張っているのだ。しかも(残念ながら)いつも優勝している横綱ではない。この絶好調ぶりに、館内が鶴竜を応援してもいいはずだ。だが、鶴竜コールは、一度も起こってはいない。10年前だったら、今場所の鶴竜は確実に大声援を受けただろう。
 これが何を意味するか、言うまでもないだろう。今の相撲は、国籍・民族で、応援される・されないが左右されるのである。感じが悪いこと、おびただしい。コールが起こるようになってから今まで、私はモンゴル系の力士に大コールが起こったのを聞いたことはない。この場所も、モンゴル系の力士に対して私がコールを耳にしたのは、わずかに子ども数人の声による、貴ノ岩と照ノ富士への声援だけである。私も毎日相撲中継をくまなく見ているわけではないので、もしかしたらもう少しあったかもしれないが、いずれしても、館内を覆うコールが起こるのは、「日本人」力士に対してだけと言ってよい。そもそもコールなどという、それまで相撲には存在しなかった応援が登場したのは、「ニッポン」を応援するという、この日本人自画自賛ブームの一環でしかない。「ニッポン」であれば、相撲でも何でもいいのである。そして、「日本人」力士なら、誰でもいいのである。そのようなメンタリティと、非日常空間で盛り上がりたいという衝動とが、無意識のうちにモンゴル系力士を仮想敵としてしまっているのだ。
 話題変わって、今日の解説は、私の大好きな旭富士の伊勢ケ浜親方。サービス精神ゼロ。感情や物語も無視。視聴者の期待に応えるつもりなし。ひたすら、最小限の言葉で的確な取り口の解説をするのみ。普通の解説では聞かれない微細なレベルまで、二言三言で明解に説明してくれる。
 それによると、遠藤は立ち合いがワンパターンなのが、命取りになっているという。低い姿勢から左差し右前みつを狙うという形のみ。相手からしたら、何をしてくるかわかっているので対応しやすい、と。立ち合いの鋭さの進化に目を奪われていたが、確かにそうだ。「勝った相撲はいい内容だけど、負けた相撲は内容ゼロ」と遠藤自身が言っているが、その理由はここにある。

コメント

トラックバック